HOME  BACKリンドウ科センブリ属   二年草
センブリ (千振)
Swertia japonica
  日当たりの良い湿った草原などに自生する二年草。名前の由来は、千回煎じても苦味が残っていることから。茎は暗紫色を帯び直立する。8-11月に枝先や葉腋に2cm程の白色の花をつける。花冠は5裂し、縦に紫色の筋が入る。葉は対生し、葉身は1-4cmの線形から披針形。胃薬として乾燥した全草を粉末にしたものを服用する。
別  名トウヤク(当薬)
原産地/原生地日本、中国、朝鮮半島
花  期8月-11月
草  丈5-30cm
地  域北海道・西南部、本州、四国、九州
環  境山地/草原
種  別自生
花言葉義侠の愛
センブリセンブリ
センブリセンブリ
リンドウ科センブリ属の仲間

リンドウ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ