HOME  BACKイネ科ジュズダマ属   一年草
ジュズダマ (数珠玉)
Coix lacryma-jobi
  古い時代に導入され栽培されていたものが野生化したとされ、川の土手や湿り気のある草地などに自生する一年草。名前の由来は、果実をつなげると数珠になることから。茎は中空で株立ちになり分枝する。茎の上部の葉腋に花序を束生する。葉は互生、葉身は広線形。果実は、はじめは黄緑色で、熟すにつれ黒色へ変化する。種子はセンコク(川穀物)と呼ばれ、滋養強壮や利尿効果がある。
英  名Job's tears
原産地/原生地東南アジア
花  期7月-9月
草  丈60-120cm
地  域本州、四国、九州、沖縄
環  境田畑/河原/草原
種  別自生
ジュズダマジュズダマ
イネ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ