HOME  BACKカヤツリグサ科フトイ属   多年草
アブラガヤ (油萱)
Scirpus wichurae
  山野の湿地に自生する多年草。名前の由来は、花序が茶褐色で油漬けしたような色と、油臭いことから。9-10月に茎の上部の葉腋に散房花序をだし、4-8mm程の多数の小穂をつける。葉は線形で茎を抱く。
原産地/原生地日本、朝鮮半島、中国
花  期9月-10月
草  丈100-150cm
地  域北海道、本州、四国、九州
環  境山地/草原/池沼
種  別自生
アブラガヤアブラガヤ
アブラガヤ 
カヤツリグサ科フトイ属の仲間

カヤツリグサ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ