HOME  BACKユリ科ホトトギス属   多年草
ヤマジノホトトギス (山路の杜鵑草)
Tricyrtis affinis
  山地の林内などに自生する多年草。8-10月に茎先や葉腋に花柄を伸ばし3cm程の花を上向きにつける。花被に斑紋が点在し、水平に開くのが特徴。葉は互生し、葉身は8-18cmの長楕円形、先が尖る。よく似るヤマホトトギスは花被が下向きに反り返る。
原産地/原生地日本
花  期8月-10月
草  丈30-70cm
地  域北海道、本州、四国、九州
環  境山地/林縁
種  別自生
花言葉愛しい
ヤマジノホトトギスヤマジノホトトギス
ヤマジノホトトギス 
ユリ科ホトトギス属の仲間

ユリ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ