HOME  BACKキキョウ科ツルニンジン属   つる性多年草
バアソブ (婆蕎)
Codonopsis ussuriensis
  山地の林縁などに自生するつる性の多年草。名前の由来は、花冠の内側にできる斑点を、老婆のソバカスに見立てた。葉は互生し、葉身は2-5cmの卵形。7-9月に2-3cmの紅紫色の鐘形の花をつける。花冠は先が5裂する。全体に白毛がつく。根は食用になる。同じ仲間のツルニンジンはバアソブに対しジイソブと呼ばれる。環境省の絶滅危惧U類指定。
別  名ヒメツルニンジン
原産地/原生地日本、朝鮮半島、中国、ロシア
花  期7月-9月
草  丈1-3m
地  域北海道、本州、四国、九州
環  境山地/高山/林縁/草原
種  別自生
バアソブバアソブ
バアソブ 
キキョウ科ツルニンジン属の仲間

キキョウ科の仲間
アオバナホタルブクロ イソトマ イワギキョウ イワシャジン オトメギキョウ カンパニュラ・ガルガニカ カンパニュラ・スズヒメ カンパニュラ・パーシフォリア カンパニュラ・ポシャルスキアナ カンパニュラ・メリーベル カンパニュラ・ラクチフローラ カンパニュラ・ラティフォリア キキョウ キキョウソウ サワギキョウ シデシャジン ソバナ タニギキョウ タマシャジン チシマギキョウ ツリガネニンジン ツルニンジン ハクサンシャジン ハタザオギキョウ ヒナキキョウソウ ヒプセラ・レニフォルミス フィソプレキシス・コモサ フウリンソウ プラティア ベニバナサワギキョウ ホシアザミ ホタルブクロ マルバハタケムシロ ミゾカクシ モノプシス ヤツシロソウ ヤマホタルブクロ ユウギリソウ ロベリア

iPhoneアプリ-花しらべ