HOME  BACKタデ科オンタデ属   多年草
オンタデ (御蓼)
Aconogonon weyrichii var. alpinum
  高山帯の砂礫地などに自生する多年草。名前の由来は、オンタケサン(御嶽山)で発見されたタデの仲間であることから。主に、富士山、中央アルプス、南アルプスに分布する。葉は互生し、葉身は10-20cmの長卵形、先が尖る。雌雄別株。6-10月に円錐花序をだし、小さな黄白色の花を多くつける。花被は5深裂する。高山に生育するよく似る仲間には、葉の裏が白いウラジロタデがある。
別  名イワタデ
原産地/原生地日本
花  期6月-10月
草  丈30-100cm
地  域北海道、本州・中部地方以北
環  境高山/岩場
種  別自生
オンタデオンタデ
オンタデ 
タデ科オンタデ属の仲間

タデ科の仲間
アキノウナギツカミ アサヒカズラ イシミカワ イタドリ イヌタデ イブキトラノオ ウラジロタデ エゾノギシギシ オオイタドリ オオイヌタデ オオケタデ オヤマソバ ギシギシ クリンユキフデ サクラタデ シャクチリソバ シロバナサクラタデ スイバ ソバ タカネスイバ タデアイ タニソバ ツルソバ ツルドクダミ ナツユキカズラ ハナタデ ハマベブドウ ハルタデ ハルトラノオ ヒメツルソバ ペルシカリア・アフィニス ペルシカリア・アンプレキシコール ペルシカリア・ビストルタ ペルシカリア・レッドドラゴン ママコノシリヌグイ ミズヒキ ミゾソバ ミチヤナギ ムカゴトラノオ メイゲツソウ ワイヤープランツ

iPhoneアプリ-花しらべ