HOME  BACKオミナエシ科オミナエシ属   多年草
ハクサンオミナエシ (白山女郎花)
Patrinia triloba var. triloba
  日本海側の亜高山帯の岩場などに自生する多年草。名前はハクサン(白山)で発見されたオミナエシの仲間の意。別名のコキンレイカは、よく似る太平洋側に分布するキンレイカより小型であることから。7-8月に茎先に集散花序をだし、小さな黄色の花を多数つける。花冠は5裂する。葉は対生し、葉身は3-10cmの掌状。
別  名コキンレイカ(小金鈴花)
原産地/原生地日本
花  期7月-8月
草  丈20-80cm
地  域本州・北陸地方から東北地方の日本海側
環  境高山/岩場
種  別自生
ハクサンオミナエシハクサンオミナエシ
ハクサンオミナエシハクサンオミナエシ
オミナエシ科オミナエシ属の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ