HOME  BACKミカン科マツカゼソウ属   多年草
マツカゼソウ (松風草)
Boenninghausenia albiflora var. japonica
  山野の林縁などに自生する多年草。名前の由来は、秋風に吹かれる草の姿を能楽の「松風」に登場する松に見立てたとされる。8-10月に枝先に集散花序をだし、小さな白色の4弁花を多数つける。葉は互生し、3回3出羽状複葉、小葉は倒卵形、縁は全縁。果実は分離果で4個の卵形の分果に分かれる。
原産地/原生地日本
花  期8月-10月
草  丈40-100cm
地  域本州、四国、九州
環  境山地/林縁/草原
種  別自生
マツカゼソウマツカゼソウ
マツカゼソウマツカゼソウ
マツカゼソウ 
ミカン科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ