HOME  BACKハエドクソウ科ミムラス属   多年草
オオバミゾホオズキ (大葉溝酸漿)
Mimulus sessilifolius
  亜高山帯から高山帯の沢や湿地などに自生する多年草。名前は、葉が大きく、溝に生えて、花後にできるさく果をホオズキに見立てた。6-8月に上部の葉腋に3cm程の黄色の漏斗形の花を1個つける。花冠は先が5裂する。葉は対生し、葉身は3-8cmの卵形、縁に鋸歯があり、葉柄はない。(低山に生える、よく似るミゾホオズキには葉柄がある)
原産地/原生地日本・ロシア(南千島)
花  期6月-8月
草  丈10-30cm
地  域北海道、本州・中部以北
環  境高山/河原/池沼
種  別自生
オオバミゾホオズキオオバミゾホオズキ
オオバミゾホオズキオオバミゾホオズキ
ハエドクソウ科ミムラス属の仲間

ハエドクソウ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ