HOME  BACKリンドウ科シマセンブリ属   一年草
ハナハマセンブリ (花浜千振)
Centaurium tenuiflorum
  地中海沿岸地方原産の一年草。道端や空き地などに自生する帰化植物。6-7月に茎頂に複集散花序を出し、1cm程の淡紅色の花をつける。花冠は5裂する。葉は対生し、葉身は倒卵形、縁は全縁。ベニバナセンブリによく似るが、ハナハマセンブリの花冠にはふくらみがなく細い。
英  名Slender centaury
原産地/原生地地中海沿岸
花  期6月-7月
草  丈20-60cm
地  域本州・関東以西、四国、九州
環  境草原/道端
種  別自生
ハナハマセンブリハナハマセンブリ
ハナハマセンブリ 
リンドウ科シマセンブリ属の仲間

リンドウ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ