HOME  BACKオトギリソウ科ヒペリカム属   多年草
オトギリソウ (弟切草)
Hypericum erectum
  日当たりのよい山野に自生する多年草。名前の由来は、鷹の傷を治す秘薬の秘密を洩らした弟を、鷹匠の兄が怒って切り殺し、その血しぶきが花や葉の黒点として残ったという平安時代の伝説に因む。7-8月に茎頂に2cm程の黄色の5弁花をつける。花弁には黒点と黒線がある。葉は対生し、葉身は2-6cmの披針形、基部で茎を抱く。全草に止血、鎮痛の薬効がある。また、葉を摂取し日光に当たると皮膚炎や浮腫を起こす。
原産地/原生地日本、朝鮮半島、中国
花  期7月-8月
草  丈20-80cm
地  域北海道、本州、四国、九州
環  境田畑/山地/高山/草原/道端
種  別自生
花言葉秘密
オトギリソウオトギリソウ
オトギリソウオトギリソウ
オトギリソウ 
オトギリソウ科ヒペリカム属の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ