HOME  BACKメギ科サンカヨウ属   多年草
サンカヨウ (山荷葉)
Diphylleia grayi
  低山から亜高山帯の湿った林内に自生する多年草。名前の由来は、山に生え、カヨウ(荷葉)とはハスの葉のことで、葉がハスの葉に似ることから。5-7月に茎頂に3cm程の白色の花を散房状に数個つける。花弁状の萼片を6個、雄しべ6本、雌しべ1本つく。葉は大小2個つき、上の葉は小さく葉柄はなく、下の葉には葉柄がつく。葉身は腎臓形で切れ込む。花後に藍色の白粉色を帯びた果実をつけ、食用になり甘い。
英  名Umbrella leaf
原産地/原生地日本、ロシア(サハリン)
花  期5月-7月
草  丈30-80cm
地  域北海道、本州・中部以北
環  境山地/高山/林縁/池沼
種  別自生
花言葉親愛の情、清楚な人
サンカヨウサンカヨウ
サンカヨウサンカヨウ
メギ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ