HOME  BACKアカバナ科エノテラ属   越年草
オオマツヨイグサ (大待宵草)
Oenothera erythrosepala
  北アメリカ原産で明治時代に観賞用に導入された越年草。帰化植物。名前の由来は、マツヨイグサ類のなかでは草丈も花も一番大きく、夕方に開花し朝にしぼむことから。茎には赤い剛毛があり、直立しよく分枝する。7-9月に茎上部の葉腋に7-8cmの黄色の花をつける。葉身は長楕円形、先が尖る。よく似るメマツヨイグサは鋸歯が多いが、オオマツヨイグサの鋸歯はまばら。
英  名Evening primrose
別  名ツキミソウ(月見草)
原産地/原生地北アメリカ
花  期7月-9月
草  丈60-200cm
地  域日本全土
環  境河原/道端
種  別自生
花言葉ほのかな恋
オオマツヨイグサオオマツヨイグサ
オオマツヨイグサ 
アカバナ科エノテラ属の仲間

アカバナ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ