HOME  BACKハマウツボ科セイヨウヒキヨモギ属   一年草
セイヨウヒキヨモギ (西洋引蓬)
Parentucellia viscosa
  地中海沿岸地方原産の一年草。1973年に千葉県で確認され、道端や河川敷などに自生する帰化植物。他の植物の根から養分を吸収し、自らも光合成を行う半寄生植物。茎は直立し、5-7月に茎先に穂状花序をだし、1-2cmの黄色の唇形の花をつける。葉は、茎の上部で互生し下部で対生する。葉身は広被針形、縁に鋸歯がある。
英  名Yellow bartsia
原産地/原生地地中海沿岸地方
花  期5月-7月
草  丈20-60cm
地  域本州、九州、沖縄
環  境河原/草原/市街地/道端
種  別自生
セイヨウヒキヨモギセイヨウヒキヨモギ
セイヨウヒキヨモギセイヨウヒキヨモギ
ハマウツボ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ