HOME  BACKフウロソウ科フウロソウ属   多年草
グンナイフウロ (郡内風露)
Geranium onoei var. onoei f. onoei
  亜高山帯の草原に自生する多年草。名前の由来は、グンナイ(郡内)とは山梨県の北都留郡、南都留郡の地域のことで、グンナイで発見されたフウロであることから。6-8月に、茎先に集散花序をだし、3cm程の淡紫色や白色の5弁花を数個下向きにつける。花びらは反り返り雌しべが突き出る。葉は掌状に5-7深裂し、裂片は3浅裂する。花色が白いものはシロバナグンナイフウロ、高山帯に分布し、葉裏の脈に毛があるものはタカネグンナイフウロ(f. alpinum)と呼ばれる。
原産地/原生地日本、朝鮮半島
花  期6月-8月
草  丈30-60cm
地  域北海道、本州・中部以北
環  境山地/高山/草原
種  別自生
グンナイフウログンナイフウロ
グンナイフウログンナイフウロ
グンナイフウロ 
フウロソウ科フウロソウ属の仲間

フウロソウ科の仲間
アケボノフウロ アサマフウロ アメリカフウロ イヨフウロ エロディウム・バリアビレ エロディウム・ペラルゴニフォーラム オランダフウロ ゲラニウム・ウォルターズギフト ゲラニウム・エンドレッシー ゲラニウム・ジョンソンズブルー ゲラニウム・スプリッシュスプラッシュ ゲラニウム・ビオコボ ゲラニウム・ピレネカム ゲラニウム・ファエウム ゲラニウム・プシロステモン ゲラニウム・プラテンセ ゲラニウム・マクロリズム ゲラニウム・マデレンセ ゲラニウム・ミセスケンドールクラーク ゲンノショウコ センテッドゼラニウム ゼラニウム タカネグンナイフウロ タチフウロ チシマフウロ ナツメグゼラニウム ハクサンフウロ ハマフウロ パンジーゼラニウム ヒメフウロ ペラルゴニウム モミジバゼラニウム

iPhoneアプリ-花しらべ