HOME  BACKナデシコ科オオヤマフスマ属   多年草
オオヤマフスマ (大山衾)
Moehringia lateriflora
  山地から亜高山帯の草原や林内に自生する多年草。名前の由来は、あぜ道などに生えるノミノフスマによく似ており、葉がノミノフスマより大きいことから「大」、山に生えることから「山」がついた。茎の上部で分枝し草丈は20cm程。6-8月に、茎頂や葉腋に1cm程の白色の5弁花を1-3個つける。葉は対生し、無柄、葉身は2-4cmの長楕円形、両面に軟毛がある。
英  名Bluntleaf sandwort
別  名ヒメタガソデソウ(姫誰が袖草)
原産地/原生地北半球の温帯地域
花  期5月-8月
草  丈5-20cm
地  域北海道、本州、四国、九州
環  境山地/高山/林縁/草原
種  別自生
オオヤマフスマオオヤマフスマ
オオヤマフスマ 
ナデシコ科の仲間
アメリカセンノウ アレナリア・モンタナ イワツメクサ ウシハコベ ウスベニツメクサ エゾオオヤマハコベ エンビセンノウ オオツメクサ オグラセンノウ オランダミミナグサ カーネーション カーペットカスミソウ カスミソウ カッコウセンノウ カワラナデシコ クモマミミナグサ サボンソウ サワハコベ シコタンハコベ シナノナデシコ シレネ・カロリニアナ シロバナマンテマ スイセンノウ セラスチウム センジュガンピ タカネツメクサ タカネナデシコ タカネビランジ タカネマンテマ タガソデソウ ツメクサ ツルビランジ ドウカンソウ ナデシコ ナンバンハコベ ノハラナデシコ ノミノツヅリ ノミノフスマ ハコベ ハマナデシコ ハマベマンテマ ヒメナデシコ ヒメハマナデシコ ビスカリア フクロナデシコ フシグロセンノウ ホソバツメクサ ホワイトキャンピオン マツモトセンノウ マンテマ ミドリハコベ ミミナグサ ミヤマハコベ ムギセンノウ ムシトリナデシコ レッドキャンピオン ワダソウ ワチガイソウ

iPhoneアプリ-花しらべ