HOME  BACKユキノシタ科ヤワタソウ属   多年草
ヤワタソウ (八幡草)
Peltoboykinia tellimoides
  山地の沢沿いなどの湿った場所に自生する多年草。5-7月に茎先に集散花序をだし、1-2cmの淡黄色の花を数個つける。花びらは5枚で先に切れ込みがある。根生葉は2-3個つき、10-30cmの円形で掌状に7-13浅裂する。茎葉は光沢があり互生する。
別  名タキナショウマ(滝菜升麻)
原産地/原生地日本、中国
花  期5月-7月
草  丈30-60cm
地  域本州(東北、関東、中部)
環  境山地/林縁/河原
種  別自生
ヤワタソウヤワタソウ
ヤワタソウヤワタソウ
ユキノシタ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ