HOME  BACKモクセイ科ハシドイ属   落葉小高木
ハシドイ (丁香花)
Syringa reticulata
  山地の林内に生育する落葉小高木。ライラックに代表されるハシドイ属はユーラシア大陸に約30種が分布し、日本にはハシドイのみが自生する。5-7月に枝先に円錐花序を出し、小さな芳香のある白色の漏斗形の花を多数つける。花冠は4裂する。葉は対生し、葉身は5-10cmの広卵形、先が尖り、縁は全縁。街路樹や公園樹などで植栽される。材は建築用に利用される。
英  名Japanese tree lilac
別  名キンツクバネ
原産地/原生地日本、朝鮮半島、南千島
花  期5月-7月
樹  高5-10m
地  域北海道、本州、四国、九州
環  境山地/林縁
種  別自生/栽培
花言葉青春の思い出、友情
ハシドイハシドイ
ハシドイハシドイ
ハシドイ 
モクセイ科ハシドイ属の仲間

モクセイ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ