HOME  BACKトウダイグサ科ペディランサス属   常緑低木
ギンリュウ (銀竜)
Pedilanthus tithymaloides
  西インド諸島原産の常緑低木。多肉質の茎がジグザグに伸びて、竜のように見えることからギンリュウと呼ばれる。葉腋に集散状に、3cm程の赤・淡紅色の筒状の苞をつける。葉は互生し、葉身は卵形から楕円形、葉の縁に白色の斑が入るものがある。
英  名Devil's Backbone,Redbird Cactus
別  名リュウホウボク
原産地/原生地西インド諸島
花  期10月-5月
樹  高40-200cm
種  別栽培
ギンリュウギンリュウ
ギンリュウギンリュウ
ギンリュウ 
トウダイグサ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ