HOME  BACKツバキ科スキマ属   常緑小高木
イジュ (伊集)
Schima wallichii
  奄美諸島から八重山群島の酸性土壌地に自生する常緑小高木。4-7月に枝先の葉腋に5cm程の花を数個つける。花弁は5-6個。葉は革質で光沢があり、互生、葉身は8-13cmの長楕円形、全縁または縁に鋸歯がある。根や樹皮は魚毒として用いられる。公園樹や街路樹などで利用される。
別  名ヒメツバキ
原産地/原生地日本、台湾、中国南部
花  期4月-7月
樹  高3-15m
地  域沖縄本島・奄美群島・八重山群島、小笠原諸島
種  別自生/栽培
花言葉ひたむきな愛
イジュイジュ
イジュイジュ
イジュイジュ
ツバキ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ