HOME  BACKメギ科タツタソウ属   多年草
タツタソウ (竜田草)
Jeffersonia dubia
  北アジアの落葉樹林の林内に自生する多年草。名前の由来は、日露戦争の際に、軍艦・竜田の乗組員が持ち帰ったことから。早春に3cmの淡紫色の花をつける。葉は長い葉柄があり、葉身は10cm程の腎臓形。
英  名Twinleaf
別  名イトマキソウ(糸巻草)
原産地/原生地朝鮮半島、中国東北部、ロシア
花  期3月-5月
草  丈10-30cm
種  別栽培
花言葉遠慮
タツタソウタツタソウ
タツタソウ 
メギ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ