HOME  BACKヒガンバナ科ヒメノカリス属   球根
ササガニユリ (笹蟹百合)
Hymenocallis speciosa
  西インド諸島原産の球根草。属名のヒメノカリスは、ギリシア語のhymen(膜)とkallos(美しい)が語源で、坏状の副花冠が美しいことに由来する。花の形がクモ(蜘蛛)に似ることからスパイダーリリーの別名がある。地下に球根を作り草丈は50-100cm。花茎の先に集散花序をだし、芳香のある白色の花を2-4個つける。根生葉は40-80cmの剣形。暖地では周年開花し、花壇や鉢植えなどで利用される。
英  名Spider lily
別  名スパイダーリリー、ヒメノカリス・スペキオーサ
原産地/原生地西インド諸島
花  期1月-12月
草  丈50-100cm
種  別栽培
花言葉魅惑のささやき
ササガニユリササガニユリ
ササガニユリ 
ヒガンバナ科の仲間
アガパンサス アマゾンユリ アマリリス アリウム・ギガンチウム アリウム・クリストフィー アリウム・トリケトラム アリウム・ネアポリタナム アリウム・マウントエベレスト アリウム・モーリー アリウム・ユニフォリウム インドハマユウ キイイトラッキョウ キズイセン キツネノカミソリ キルタンサス ギョウジャニンニク クイーン・エマ・リリー クンシラン シブツアサツキ ショウキズイセン シロウマアサツキ シロバナマンジュシャゲ スイセン スイセン・ペーパーホワイト スカドクサス・ムルティフロルス ステルンベルギア スノードロップ スノーフレーク ゼフィランサス タヌキノカミソリ タマスダレ チャイブ ツバメズイセン ナツズイセン ナルキッスス・カンタブリクス ナルキッスス・ブルボコディウム ニラ ネギ ネリネ ノビル ハマユウ ヒガンバナ マユハケオモト ヤマラッキョウ ラッキョウ ラッパズイセン リューココリーネ

iPhoneアプリ-花しらべ