HOME  BACKリンドウ科センブリ属   二年草
ムラサキセンブリ (紫千振)
Swertia pseudochinensis
  日当たりの良い草地などに自生する二年草。名前は紫色の花をつけるセンブリの意。茎は暗紫色を帯び直立する。10-11月に茎頂や上部の葉腋に3cm程の淡紫色の花をつける。花冠は5裂し、縦に紫色の筋がはいる。葉は対生し、葉身は2-4cmの線状披針形。花はセンブリより少し大きめで、センブリより苦味が弱く、薬用にしない。環境省・準絶滅危惧種指定。
原産地/原生地日本、朝鮮半島、中国
花  期10月-11月
草  丈20-70cm
地  域本州・関東以西、四国、九州
環  境山地/林縁/河原/草原
種  別自生
花言葉忍耐
ムラサキセンブリムラサキセンブリ
ムラサキセンブリ 
リンドウ科センブリ属の仲間

リンドウ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ