HOME  BACKウリ科オキナワスズメウリ属   つる性一年草
オキナワスズメウリ (沖縄雀瓜)
Diplocyclos palmatus
  南西諸島の林縁などに自生するつる性の一年草。名前は、沖縄に自生するスズメウリの意。葉腋から散形花序をだし、1cm程の黄緑色の花をつける。葉は互生し、葉身は心形で掌状に5-7深裂。果実は2-3cmの球形の液果。赤橙色に熟し白色の縦縞が入る。
原産地/原生地熱帯アジア
花  期1月-12月
地  域南西諸島
環  境林縁
種  別自生/栽培
オキナワスズメウリオキナワスズメウリ
オキナワスズメウリオキナワスズメウリ
オキナワスズメウリ 
ウリ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ