HOME  BACKヒガンバナ科アリウム属   球根
キイイトラッキョウ (紀伊糸辣韮)
Allium virgunculae var. kiiense
  丘陵地の岩場に自生する球根草。イトラッキョウの変種。名前の由来は、紀伊半島で発見され、葉が糸のように細く、ラッキョウの形の鱗茎があることから。10-11月に散形花序をだし、紫色または白色の花をつける。花冠は半開きで長い雄しべがでる。葉は線形。環境省・絶滅危惧U類指定。
原産地/原生地日本
花  期10月-11月
草  丈10-30cm
地  域本州・愛知県、和歌山県、岐阜県、山口県
環  境山地/岩場
種  別自生
キイイトラッキョウキイイトラッキョウ
キイイトラッキョウ 
ヒガンバナ科アリウム属の仲間

ヒガンバナ科の仲間
アガパンサス アマゾンユリ アマリリス アリウム・ギガンチウム アリウム・クリストフィー アリウム・トリケトラム アリウム・ネアポリタナム アリウム・マウントエベレスト アリウム・モーリー アリウム・ユニフォリウム インドハマユウ キズイセン キツネノカミソリ キルタンサス ギョウジャニンニク クイーン・エマ・リリー クンシラン ササガニユリ シブツアサツキ ショウキズイセン シロウマアサツキ シロバナマンジュシャゲ スイセン スイセン・ペーパーホワイト スカドクサス・ムルティフロルス ステルンベルギア スノードロップ スノーフレーク ゼフィランサス タヌキノカミソリ タマスダレ チャイブ ツバメズイセン ナツズイセン ナルキッスス・カンタブリクス ナルキッスス・ブルボコディウム ニラ ネギ ネリネ ノビル ハマユウ ヒガンバナ マユハケオモト ヤマラッキョウ ラッキョウ ラッパズイセン リューココリーネ

iPhoneアプリ-花しらべ