HOME  BACKイネ科アブラススキ属   多年草
アブラススキ (油薄)
Eccoilopus cotulifer
  日当たりの良い草原などに自生する多年草。名前の由来は、花穂から粘液をだし油で塗ったような光沢があることから。8-10月に20-30cmの円錐花序を下に垂れる。花序の枝は細い。葉身は40-60cmの線形で、茎の下部では葉柄がある。
花  期8月-10月
草  丈50-150cm
地  域全土
環  境山地/草原
種  別自生
アブラススキアブラススキ
アブラススキ 
イネ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ