HOME  BACKキキョウ科ロベリア属   多年草
ベニバナサワギキョウ (紅花沢桔梗)
Lobelia cardinalis
  北アメリカのカナダ南部からテキサス州に分布し、湿地や水辺などに自生する多年草。名前の由来は、紅色の花をつけ、草姿がサワギキョウに似ることから。7-9月に、茎頂に総状花序をだし、3cm程の紅色の唇形の花を多数つける。花冠は上2裂,下3裂する。葉は互生し、葉身は4-8cmの披針形、縁に鋸歯がある。庭園などで利用される。全草が有毒で誤食すると嘔吐・下痢・血圧降下を起こす。
英  名Cardinal flower
別  名ロベリア・カーディナリス
原産地/原生地北アメリカ
花  期7月-9月
草  丈50-100cm
環  境河原/池沼
種  別栽培
ベニバナサワギキョウベニバナサワギキョウ
ベニバナサワギキョウベニバナサワギキョウ
キキョウ科ロベリア属の仲間

キキョウ科の仲間
アオバナホタルブクロ イソトマ イワギキョウ イワシャジン オトメギキョウ カンパニュラ・ガルガニカ カンパニュラ・パーシフォリア カンパニュラ・ポシャルスキアナ カンパニュラ・メリーベル カンパニュラ・ラクチフローラ カンパニュラ・ラティフォリア キキョウ キキョウソウ サワギキョウ シデシャジン ソバナ タニギキョウ タマシャジン チシマギキョウ ツリガネニンジン ツルニンジン ハクサンシャジン ハタザオキキョウ バアソブ ヒプセラ・レニフォルミス フィソプレキシス・コモサ フウリンソウ プラティア ホシアザミ ホタルブクロ ミゾカクシ モノプシス ヤツシロソウ ヤマホタルブクロ ロベリア

iPhoneアプリ-花しらべ