HOME  BACKタデ科ペルシカリア属   多年草
サクラタデ (桜蓼)
Persicaria macrantha ssp. conspicua
  湿地などに自生する多年草。名前はサクラに似た花をつけるタデの意。8-10月に枝先に穂状花序をだし、小さな淡紅色の花をつける。花被は5裂する。葉は互生し、葉身は7-14cmの披針形。ことわざの「蓼食う虫も好き好き」のタデはヤナギタデのことである。茎や葉に苦味があるが食用になる。
花  期8月-10月
草  丈30-120cm
地  域全土
環  境山地/草原/池沼
種  別自生
花言葉愛くるしい
サクラタデサクラタデ
サクラタデサクラタデ
タデ科ペルシカリア属の仲間

タデ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ