HOME  BACKイネ科オヒシバ属   一年草
オヒシバ (雄日芝)
Eleusine indica
  日当たりの良い道端や空き地などに自生する一年草。日なたに生え、シバ(芝)に似るのでヒシバ(日芝)。茎の細いメヒシバに対し、葉や茎が太いことからオヒシバと名付けられた。茎先に2-6本の枝を放射状につけ、枝の片側に小穂が2列に並ぶ。葉は根ぎわに集まり10-20cmの線形。
英  名Goosegrass
別  名チカラグサ、スモトリグサ
原産地/原生地世界の熱帯から温帯
花  期7月-10月
草  丈30-80cm
地  域本州、四国、九州、沖縄
環  境田畑/河原/草原/道端
種  別自生
オヒシバオヒシバ
イネ科オヒシバ属の仲間

イネ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ