HOME  BACKタデ科ソバカズラ属   多年草
イタドリ (虎杖)
Fallopia japonica
  東アジアに分布し日当たりの良い土手や荒れ地などに自生する雌雄別株の多年草。名前の由来は、イタドリ(痛取り)の意味で、若葉を揉んで切り傷などの患部に塗ると出血を止め痛みを和らげる作用があることから。茎は太く中空で紅色の斑点がある。7-10月に葉腋から枝を伸ばし、その先に円錐花序をだし、小さな淡黄色の花を多数つける。花被は5深裂する。葉は互生し、葉身は5-15cmの卵形から長卵形、先が尖る。冬季は地上部が枯れて地下部のみが越冬する。新芽は酸味があり食用になる。イタドリは変化が多く高山性で小型のものはオノエイタドリ(尾上虎杖)、花が紅色のものはベニイタドリ (紅虎杖)、山地の砂礫地に生える大型のオオイタドリがある。
英  名Japanese knotweed
別  名スカンポ、イタンポ
原産地/原生地東アジア
花  期7月-10月
草  丈30-150cm
地  域本州、四国、九州
環  境田畑/山地/高山/草原/市街地
種  別自生
イタドリイタドリ
イタドリイタドリ
イタドリ 
タデ科ソバカズラ属の仲間

タデ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ