HOME  BACKキツネノマゴ科ストロビランテス属   多年草
スズムシバナ (鈴虫花)
Strobilanthes oligantha
  山地の林内に自生する多年草。名前の由来は、スズムシ(鈴虫)が鳴く頃に花が咲くことから。茎は直立し、断面は四角形、草丈は20-80cm。9-10月に枝先に3cm程の青紫色や白色の花を1-数個つける。花冠は5裂する。葉は対生し、葉身は4-10cmの広卵形、先が尖り、縁に粗い鋸歯がある。
原産地/原生地日本、朝鮮半島、中国
花  期9月-10月
草  丈20-80cm
地  域本州・近畿以西、四国、九州
環  境山地/林縁
種  別自生
スズムシバナスズムシバナ
スズムシバナスズムシバナ
キツネノマゴ科ストロビランテス属の仲間

キツネノマゴ科の仲間
アカンサス アフェランドラ・オーランティアカ アフェランドラ・シンクレイリアナ アフェランドラ・ダニア イセハナビ エランテムム・ウォッティ キツネノマゴ クロサンドラ コエビソウ コダチヤハズカズラ コロマンソウ コロンビアン・ペチュニア サンケジア サンゴバナ シャウエリア・カリコトリカ ジャスティシア・スピキゲラ ジャスティシア・ベトニカ ストロビランテス・アニソフィルス センシンレン ツンベルギア・アラータ ツンベルギア・フォーゲリアナ ディアンテラ・ノドサ トーンファンチャン ハグロソウ バルレリア・クリスタータ バルレリア・レペンス パキスタキス・ルテア ヒポエステス・アリスタータ プセウデランテマム・アンデルソニー プセウデランテマム・ラクシフロルム プセウデランテマム・レティクラツム ヘミグラフィス ベニコートノキ ベニサンゴバナ ベニツツバナ ベンガルヤハズカズラ マイソルヤハズカズラ マッケイヤベラ ミヤコジマソウ ヤナギバルイラソウ ルエリア・コロラタ ルエリア・マクランサ ルエリア・ロセア ルッティア・フルティコサ ルリハナガサ ローレルカズラ

iPhoneアプリ-花しらべ