HOME  BACKタデ科ペルシカリア属   非耐寒性一年草
オオケタデ (大毛蓼)
Persicaria orientalis
  熱帯アジア原産で江戸時代に導入された一年草。道端や河川敷などの日当たりの良い場所に自生する帰化植物。名前の由来は、大型のタデで、茎に毛があることから。7-11月に5-15cmの穂状花序を垂れ下げ、小さな紅色の花を密につける。葉は互生し、葉身は10-20cmの卵形、先が尖る。
英  名Kiss-me-over-the-garden-gate,Prince's-feather
別  名オオベニタデ(大紅蓼)
原産地/原生地熱帯アジア
花  期7月-11月
草  丈1-3m
地  域全土
環  境河原/草原/道端
種  別自生/栽培
花言葉汚れない心
オオケタデオオケタデ
オオケタデオオケタデ
タデ科ペルシカリア属の仲間

タデ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ