HOME  BACKアヤメ科アヤメ属   耐寒性多年草
ヒオウギ (檜扇)
Iris domestica
  山野の日当たりの良い草原や海岸に自生する多年草。名前の由来は、葉の並びがヒオウギ(檜扇:宮中で用いられたヒノキで作られた扇)に似ることから。種子は光沢がありカラス(烏)の羽のように黒いことからヌバタマ(烏玉)と呼ばれる(ヌバタマは万葉集で夜、黒、髪などにかかる枕詞)。花茎は上部で分枝し、7-9月に枝先に5cm程のオレンジ色の花をつける。花被片は6個、花被片に、赤い斑点が入り放射状に開く。午前中に咲き夕方にはしぼむ一日花。観賞用に栽培される。
英  名Blackberry lily,Leopard lily
別  名カラスオウギ(烏扇)
原産地/原生地日本、朝鮮半島、台湾、中国、東南アジア
花  期7月-9月
草  丈40-150cm
地  域本州・関東以西、四国、九州、沖縄
環  境山地/草原
種  別自生/栽培
花言葉誠意、個性美
ヒオウギヒオウギ
ヒオウギヒオウギ
アヤメ科アヤメ属の仲間

アヤメ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ