HOME  BACKイネ科スズメノヒエ属   多年草
シマスズメノヒエ (島雀の稗)
Paspalum dilatatum
  南アメリカ原産の多年草。暖地の道端や草原などに自生する帰化植物。名前の由来は、大正時代に小笠原の島で発見されたのでシマ(島)がつき、スズメノヒエに似ることから。6-10月に茎先に花序の枝を3-6個直角につける。葉は10-30cmの線形。よく似るスズメノヒエとの見分け方は、葯の色がシマスズメノヒエは黒でスズメノヒエは黄。
英  名Dallisgrass
別  名ダリスグラス
原産地/原生地南アメリカ
花  期6月-10月
草  丈40-100cm
地  域本州・関東以西、四国、九州、沖縄
環  境草原/道端
種  別自生
シマスズメノヒエシマスズメノヒエ
シマスズメノヒエ 
イネ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ