HOME  BACKユリ科ユリ属   耐寒性球根
オニユリ (鬼百合)
Lilium lancifolium
  山野に生える多年草で観賞用に栽培される。名前の由来は、花を赤鬼の顔に見立てたとされる。草丈は1-2m。7-8月に茎の上部に10cm程の橙色の花を下向きにつける。花被片は反り返り、紫色の斑点が多数つく。葉は互生し、葉身は5-20cmの披針形。草姿はコオニユリによく似るが、オニユリには葉の付け根に黒紫色のムカゴ(珠芽)がつくが、コオニユリはムカゴはつかない。鱗茎は滋養強壮、利尿のが薬効あり利用される。
英  名Tiger lily
別  名テンガイユリ(天蓋百合)
原産地/原生地日本、中国、朝鮮半島
花  期7月-8月
草  丈1-2m
地  域北海道、本州、四国、九州
環  境田畑/山地/草原
種  別自生/栽培
花言葉荘厳、愉快、華麗
オニユリオニユリ
オニユリオニユリ
ユリ科ユリ属の仲間

ユリ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ