HOME  BACKユキノシタ科ツボサンゴ属   耐寒性多年草
ツボサンゴ (壺珊瑚)
Heuchera
  北アメリカのロッキー山脈からメキシコにかけて約50種が分布する多年草。属名のHeuchera は、18世紀のドイツ人の薬用植物学者のJohann Heinrich von Heucherの名前に因む。名前の由来は、花の形がツボ(壺)形で、花色がサンゴ(珊瑚)に似ることから。4-7月に茎先に円錐花序をだし、1cm程の淡紅色の花をつける。花冠は5裂する。葉は心形で浅く切れ込む。
英  名coral bells
別  名ヒューケラ、サンゴバナ
原産地/原生地北アメリカ
花  期4月-7月
草  丈30-70cm
種  別栽培
花言葉辛抱強さ、悲しい
ツボサンゴツボサンゴ
ツボサンゴツボサンゴ
ユキノシタ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ