HOME  BACKノウゼンカズラ科ノウゼンカズラ属   つる性落葉樹
アメリカノウゼンカズラ (アメリカ凌霄花)
Campsis radicans
  北アメリカ原産で大正時代に導入されたつる性の落葉樹。6-9月に枝先に円錐花序をだし、黄・橙・赤色の花をつける。花冠は筒状漏斗形で5裂する。ノウゼンカズラによく似るが、花筒が長く、花は小さい。葉は対生し、奇数羽状複葉、小葉は3-7cmの卵形、縁に粗い鋸歯があり、先が尖る。フェンス、パーゴラなどで利用される。汁液が皮膚につくと炎症を起こす有毒植物。
英  名Trumpet creeper, Trumpet vine
原産地/原生地北アメリカ
花  期6月-9月
樹  高2-15m
種  別栽培
アメリカノウゼンカズラアメリカノウゼンカズラ
アメリカノウゼンカズラアメリカノウゼンカズラ
アメリカノウゼンカズラ 
ノウゼンカズラ科ノウゼンカズラ属の仲間

ノウゼンカズラ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ