HOME  BACKヒノキ科ビャクシン属   常緑低木
ハイネズ (這杜松)
Juniperus conferta
  海岸の砂地に自生する常緑低木。雌雄別株。4-5月に小さな黄褐色の花をつける。葉は3輪生し、葉身は1-2cmの針状。果実は1cm程の球形で9-10月に熟す。グランドカバーとして利用される。
花  期4月-5月
樹  高20-30cm
地  域北海道、本州、九州
環  境海岸/砂地
種  別自生/栽培
ハイネズハイネズ
ヒノキ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ