HOME  BACKラン科ツチアケビ属   多年草
ツチアケビ (土木通)
Galeola septentrionalis
  落葉樹林の中などに自生する多年草でナラタケの菌糸と共生する腐生植物。名前の由来は、土中から生えて、果実がアケビに似ることから。6-7月に総状花序をだし、2cm程の黄褐色の花をつける。果実は強壮薬にする。
原産地/原生地日本、朝鮮半島、中国
花  期6月-7月
草  丈50-100cm
地  域北海道、本州、四国、九州
環  境林縁
種  別自生
ツチアケビツチアケビ
ツチアケビ 
ラン科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ