HOME  BACKリンドウ科センブリ属   多年草
ミヤマアケボノソウ (深山曙草)
Swertia perennis ssp. cuspidata
  北・中央・南アルプス、八ヶ岳の高山帯の草地に自生する多年草。7-8月に茎頂に散房花序をだし、3cm程の暗紫色の花を数個つける。花冠はで5深裂し、裂片に数本の筋が入る。葉は茎の上部で対生、下部で互生、葉身は卵形から長楕円形、先が尖る。
別  名エゾミヤマアケボノソウ
原産地/原生地日本
花  期7月-8月
草  丈10-40cm
地  域本州・中部
環  境高山/草原/岩場
種  別自生
ミヤマアケボノソウミヤマアケボノソウ
ミヤマアケボノソウ 
リンドウ科センブリ属の仲間

リンドウ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ