HOME  BACKヒルガオ科ヒルガオ属   つる性多年草
コヒルガオ (小昼顔)
Calystegia hederacea
  日当たりの良い草地などに自生するつる性多年草。名前の由来は、ヒルガオに比べ花や葉が小さいことから。5-9月に葉腋に2-3cmの淡紅色の漏斗形の花をつける。葉は互生し、葉身は2-5cmのほこ形。 よく似るヒルガオとの見分け方は、コヒルガオの花柄にギザギザのひれがつく。
花  期5月-9月
草  丈1-2m
地  域本州、四国、九州
環  境田畑/草原/道端
種  別自生
コヒルガオコヒルガオ
コヒルガオコヒルガオ
ヒルガオ科ヒルガオ属の仲間

ヒルガオ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ