HOME  BACKトウダイグサ科アカメガシワ属   落葉高木
アカメガシワ (赤芽槲、赤芽柏)
Mallotus japonicus
  日当たりの良い土手や川岸などに自生する落葉高木。名前の由来は、新芽が赤く、葉がブナ科のカシワに似ることから。雌雄別株。6-7月に枝先に円錐花序をだし、雄花は淡黄色で苞のわきに数個つき、雌花は紅色で1個つく。葉は互生し、葉身は7-20cmの広卵形、3浅裂または不分裂、先が尖り、縁は全縁。樹皮を乾燥し煎じて胃潰瘍に服用した。夏に葉を採取し乾燥させて浴用にするとあせもに効能があるとされる。公園樹などで植栽される。
英  名Japanese Mallotus
別  名ゴサイバ(御菜葉)、サイモリバ(菜盛葉)
原産地/原生地日本、朝鮮半島、中国
花  期6月-7月
樹  高2-15m
地  域本州、四国、九州、沖縄
環  境山地/林縁/河原/草原/道端
種  別自生/栽培
アカメガシワアカメガシワ
アカメガシワアカメガシワ
アカメガシワアカメガシワ
アカメガシワ 
トウダイグサ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ