HOME  BACKナス科ハコベホオズキ属   つる性多年草
ハコベホオズキ (繁縷酸漿)
Salpichroa origanifolia
  南アメリカ原産のつる性の一年草。明治時代に東京で確認された帰化植物。道端や荒れ地に自生する。茎はつる状に伸び、5-11月に葉腋に小さな白色の壷形の花を下向きにつける。先は5裂する。葉は互生し、葉身は2-4cmの卵円形。
英  名Cock's egg
原産地/原生地南アメリカ
花  期5月-11月
草  丈50-300cm
地  域本州・関東以西、四国、九州
環  境草原/道端
種  別自生
ハコベホオズキハコベホオズキ
ハコベホオズキ 
ナス科の仲間
アメリカイヌホオズキ アメリカバンマツリ イヌホオズキ ウコンラッパバナ エンジェルトランペット オオセンナリ オオマルバノホロシ カリブラコア キチョウジ ギンパイソウ クコ クロホオズキ ケストルム・エレガンス シザンサス ショクヨウホオズキ ジャガイモ センナリホオズキ ソラナム・ラントネッティ ソランドラ・ロンギフローラ タバコ タマサンゴ チョウセンアサガオ ツノナス ツルハナナス トウガラシ トマト ナス ニーレンベルギア ニオイバンマツリ ニコチアナ ハシリドコロ ハダカホオズキ ヒヨス ヒヨドリジョウゴ ヒルザキヤコウカ ピーマン ブロワリア ペチュニア ホオズキ ヤコウカ ルリイロツルナス ルリヤナギ ワルナスビ

iPhoneアプリ-花しらべ