HOME  BACKバンレイシ科イランイランノキ属   常緑高木
イランイラン
Cananga odorata
  フィリピン、マレーシア、インドネシア、ミヤンマー原産の常緑高木。インドネシアやフィリピンでは営利栽培されており、花から精製される精油は、「フローラルハイ」と呼ばれる幸福感・高揚感を与え、香水やアロマテラピーなどで利用される。イランイランは、フィリピンのタガログ語の「花の中の花(Ilang-ilang)」が語源。葉腋に芳香のある花を垂れ下げる。花色は開花時は緑色で、次第に黄色に変化する。
英  名Ylang ylang,Ilang-ilang,Macassar oil tree
別  名イランイランノキ
原産地/原生地東南アジア(熱帯雨林)
花  期5月-9月
樹  高5-15m
種  別栽培
花言葉誘惑
イランイランイランイラン
イランイランイランイラン
バンレイシ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ