HOME  BACKナデシコ科サボンソウ属   耐寒性多年草
サボンソウ (さぼん草)
Saponaria officinalis
  ヨーロッパから中央アジア原産で明治時代に導入され観賞用や薬用として栽培される多年草。名前の由来は、サボンソウに含まれているサポニンが洗浄力があり泡立つので洗剤として使われてきたことから。茎の断面は四角で直立する。6-8月に茎頂に集散花序をだし、3cm程の淡紅色の花をつける。葉は対生し、葉身は広楕円形、全縁、先が尖る。観賞用として花壇や切花などで利用される。栽培されていたものが逸出し野生化している。
英  名Common sorpwort,Bouncingbet
別  名ソープワート、シャボンソウ
原産地/原生地ヨーロッパ、中央アジア
花  期6月-8月
草  丈30-80cm
地  域北海道、本州
環  境田畑/草原/道端
種  別自生/栽培
花言葉清廉
サボンソウサボンソウ
サボンソウサボンソウ
ナデシコ科の仲間
アメリカセンノウ アレナリア・モンタナ イワツメクサ ウシハコベ ウスベニツメクサ エゾオオヤマハコベ エンビセンノウ オオツメクサ オオヤマフスマ オグラセンノウ オランダミミナグサ カーネーション カーペットカスミソウ カスミソウ カッコウセンノウ カワラナデシコ クモマミミナグサ サワハコベ シコタンハコベ シナノナデシコ シレネ・カロリニアナ シロバナマンテマ スイセンノウ セラスチウム センジュガンピ タカネツメクサ タカネナデシコ タカネビランジ タカネマンテマ タガソデソウ ツメクサ ツルビランジ ドウカンソウ ナデシコ ナンバンハコベ ノハラナデシコ ノミノツヅリ ノミノフスマ ハコベ ハマナデシコ ハマベマンテマ ヒメナデシコ ヒメハマナデシコ ビスカリア フクロナデシコ フシグロセンノウ ホソバツメクサ ホワイトキャンピオン マツモトセンノウ マンテマ ミドリハコベ ミミナグサ ミヤマハコベ ムギセンノウ ムシトリナデシコ レッドキャンピオン ワダソウ ワチガイソウ

iPhoneアプリ-花しらべ