HOME  BACKヒノキ科コノテガシワ属   常緑小高木
コノテガシワ (児の手柏)
Platycladus orientalis
  中国原産で江戸時代に導入された常緑小高木。名前の由来は、枝が直立する様子を子どもが手をあげる姿に見立てた。3-5月に枝先に淡紫緑色の雌花、黄褐色の雄花をつける。球果は淡灰青色で卵円形で角がある。公園樹や庭木などで植栽される。
英  名Chinese Arborvitae
別  名センジュ(千手)
原産地/原生地中国
花  期3月-5月
樹  高1-10m
種  別栽培
花言葉生涯変わらぬ愛
コノテガシワコノテガシワ
コノテガシワコノテガシワ
ヒノキ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ