HOME  BACKイグサ科イグサ属   多年草
イグサ (藺草)
Juncus effusus var. decipens
  山野の湿地に自生する多年草。名前の由来は、漢名の藺(Lin)が訛ってイ(ヰ)になったという説がある。茎は円柱形で草丈は50-100cm。6-9月に茎先に集散花序をだす。花序の基部から伸びているのは茎に見えるが苞である。茎は畳表やゴザなどで利用し、栽培されている。
英  名Rush
別  名イ(藺)
花  期6月-9月
草  丈50-100cm
地  域全土
環  境山地/草原/池沼
種  別自生
イグサイグサ
イグサ科イグサ属の仲間

イグサ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ