HOME  BACKアジサイ科イワガラミ属   つる性落葉木本
イワガラミ (岩絡み)
Schizophragma hydrangeoides
  山地の林縁や岩場など自生するつる性の落葉木本。名前の由来は、茎から気根を出して岩や樹にからみつく様子から。6-7月に、枝先に散房花序をだす。中央に黄白色の両性花がつき、周りを装飾花が囲む。装飾花の萼片は白色で1個つく。葉は対生し、葉身は長さ5-15cm、幅5-10cmの広卵形、先が尖り、縁に鋸歯がある。果実は朔果で9-10月に熟す。ツルアジサイによく似るが、ツルアジサイの装飾花の萼片は3-4個つく。
原産地/原生地日本、朝鮮半島
花  期6月-7月
樹  高5-10m
地  域北海道、本州、四国、九州
環  境山地/高山/林縁/岩場
種  別自生
イワガラミイワガラミ
イワガラミイワガラミ
アジサイ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ