HOME  BACKマメ科ミヤコグサ属   多年草
ミヤコグサ (都草)
Lotus corniculatus var. japonicus
  草地や道端、海岸沿いなどに自生する多年草。名前の由来は、昔、京の都(または奈良の都)に多く生育していたことからという説、漢名のミャクコングサ(脈根草)が転訛してミヤコグサになったという説がある。その他に、花の形がエボシ(烏帽子)に似ることからエボシグサの別名がある。葉は互生、3小葉、基部に托葉が2個つき5小葉に見える。4-10月に茎先に1-2cmの蝶形の花を1-3個つける。セイヨウミヤコグサによく似るが、ミヤコグサは花茎に1-3個の花がつくが、セイヨウミヤコグサは4-6個つける。
別  名エボシグサ(烏帽子草)、コガネバナ(黄金花)
原産地/原生地東アジア
花  期4月-10月
草  丈5-50cm
地  域日本全土
環  境田畑/山地/草原/海岸/道端/砂地
種  別自生
花言葉また逢う日まで、復讐
ミヤコグサミヤコグサ
ミヤコグサ 
マメ科ミヤコグサ属の仲間

マメ科の仲間
アカツメクサ アカバツメクサ アズキ アピオス アフゲキア・セリケア アメリカディゴ アメリカハナズオウ アラキス・ピントイ アレチヌスビトハギ イエローサラカ イタチササゲ イタチハギ イワオウギ インゲンマメ インドシタン ウマゴヤシ エドシボリハギ エニシダ エバーフレッシュ エビスグサ エリスリナ・アビシニカ エリスリナ・コラロイデス エリスリナ・ラティッシマ エリスリナ・リシステモン エンジュ エンドウ オウゴチョウ オオトゲミモザ オオバナソシンカ オオホウカンボク オジギソウ オハイ オヤマノエンドウ カサバルピナス カショウクズマメ カスマグサ カラスノエンドウ カリアンドラ・エマルギナタ カリアンドラ・ハエマトケファラ キハギ キバナモクワンジュ キバナルピナス キングサリ ギンネム ギンヨウアカシア クサネム クサフジ クスダマツメクサ クズ クララ クリムソンクローバー クロバナツルアズキ クロヨナ コウエンボク コバノセンナ コブトリソウ コマツナギ コメツブウマゴヤシ コメツブツメクサ コリゼマ コロニラ・バレンティナ サイカチ サイハイデイゴ ササゲ サビネア・カリナリス サンゴシトウ シナガワハギ シャグマハギ シャジクソウ シラハギ シロツメクサ シロバナエニシダ シロフジマメ ジャケツイバラ スイートピー スズメノエンドウ スネイルフラワー スリナムゴウカン セイヨウミヤコグサ セスバニア・プニケア センダイハギ センナ・アルテミシオイデス ソウシジュ ソラマメ タチシバハギ タヌキマメ タマザキクサフジ タマリンド タンキリマメ チョウセンキハギ チョウマメ ツクシハギ ツルマメ デイゴ トキリマメ トキワネム トリフォリウム・ルベンス ナツザキソシンカ ナツフジ ナヨクサフジ ナンテンハギ ナンバンサイカチ ニワフジ ヌスビトハギ ネコハギ ネムノキ ノササゲ ハーデンベルギア ハギ ハナエンジュ ハナズオウ ハナセンナ ハナモツヤクノキ ハネセンナ ハブソウ ハマアズキ ハマエンドウ ハマナタマメ ハリエンジュ ハンカチーフツリー バウヒニア・ガルピニー バウヒニア・コッキアナ バウヒニア・フォルフィカタ バプティシア・アルバ ヒスイカズラ ヒッポクレピス・コモサ ヒネム ヒメエニシダ ヒロハノレンリソウ ピンクシャワーツリー フサアカシア フジ フジマメ ブリア・エベヌス ブルーボンネット ベニバナインゲン ホウオウボク ホオベニエニシダ マキエハギ マドルライラック マルバハギ ミズオジギソウ ムクナ・ベネッティー ムユウジュ ムラサキウマゴヤシ ムラサキセンダイハギ ムラサキソシンカ ムラサキナツフジ ムラサキモメンヅル ムレスズメ メドハギ モクセンナ モリシマアカシア モンキーポッド ヤハズソウ ヤブツルアズキ ヤブマメ ラッカセイ リシリゲンゲ ルピナス レインボーシャワーツリー レダマ レッドサラカ レブンソウ レンゲソウ ロータス・ブリムストーン ロータス・ベルセロッティ

iPhoneアプリ-花しらべ