HOME  BACKモクレン科モクレン属   常緑高木
タイサンボク (泰山木、大山木)
Magnolia grandiflora
  北アメリカ原産で明治時代初期に導入された常緑高木。名前の由来は、大きな樹形を中国・山東省にある泰山に例えたとされる。5-7月に枝先に大きな芳香のある白色の花を上向きにつける。花被片は9個。葉は光沢があり革質、互生、葉身は10-25cmの長楕円形。果実は袋果が集まった集合果で10-11月に熟す。公園樹や街路樹で植栽される。
英  名Southern magnolia
別  名ハクレンボク(白蓮木)
原産地/原生地北アメリカ
花  期5月-7月
樹  高3-30m
種  別栽培
花言葉壮麗
タイサンボクタイサンボク
タイサンボクタイサンボク
タイサンボク 
モクレン科モクレン属の仲間

モクレン科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ